ケータイ小説 野いちご

ありがと そして じゃあね


藍翔side
俺には自慢の妹がいる

もうめっちゃ可愛い

だって栗色の髪の毛にクリクリの目

首をこてんってしたらもうキュン死する

この通り俺はシスコンだ。



でも、俺の妹柚杏は…

この間倒れて余命宣告までされた。

俺は正直何にも言えなかった

ただただ残酷な言葉を医者から聞くだけで…

一番辛いのは柚杏な筈なのに

俺は…


でも柚杏は笑顔で

「柚杏は大丈夫だよ?だから泣かないで?」って

本当は泣きたい筈なのに

苦しくて怖い筈なのに

俺たちが泣いてるから心配かけないようって我慢して

それから…

柚杏は高校受験をやめ通院をしていた。

俺は、正直学校に行って欲しかった。

少しでも余命のことを忘れて楽しんで欲しかったから

しかし柚杏はみんなに迷惑かけたくないからって…

だから俺が柚杏に学校のことをたくさん話してあげた

高校の話をするたびに嬉しそう聞いてくれる

俺に彼女が出来た時も自分のことかのように騒いでた

「早く、その彼女に会いたいなー」

「お兄ちゃんのどこが良くて付き合ったのかなー」って



< 23/ 86 >