ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

大空に花束を

第二章〜小さな贈り物

デビューを迎い終えた私達は、あっという間

に世間に知れ渡った。

『ダンス界の新星』『注目のダンサー』

記事に大きく出ている私は、まだ夢のようだ

った。

雑誌の表紙一面に、私達が大きく映ってるな

んて……!!

私は、雑誌を見ながら一人でまったりと微笑

んでいた。

「舞華さん。紀伊国舞華さん、診察室にお入り

ください。」

その声が聞こえると、私は急いで雑誌をカバ

ンの中にしまい、急いで診察室に入っていっ

た。

< 13/ 27 >