ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

学校一のぶりっ子は世界最強のヤンキー。

ぶりっ子じゃない一面を知った眼鏡くん
再び


ガラッ

教室の扉を開ける。


「遅刻ですよ! 花咲さん!」


私に注意してきたのは野々宮 佐彩(ののみやさあや)先生。
ちっちゃくて可愛くて大好きなんだよね!

……だけど。


「ぇ~? せんせぇ、わたしぃ、怒られたくなぃんですけどぉ! ちょっと寝坊しただけじゃぁ〜ん!」


今の私は、ぶりっ子。

周りの事を考えない自己中心的なうざい女子。



……だからまあ、こういう対応を取る訳だけど。


「全く花咲さんはっ! 今日のところは許しますが、次は無いですからね!」


うわ、佐彩ちゃん先生マジ天使。かわいい。


「きゃぁ〜〜っ! 大好き佐彩ちゃんっ!」

「い、良いから座ってくださいっ! あと、佐彩先生です! ちゃんと先生つけてください!」


私は佐彩ちゃん先生に抱き着き、自分の席に向かう。
途中、クラスメイトの“絶対寝坊じゃないじゃん”とか“嘘つくなよ、キモ”とかの小声の陰口が聞こえたが、私の華麗なスルースキルで無視をした。






でも一つだけ言わせて欲しい。


遅れた理由は本当にただの寝坊なんですよね。











画像挿入注意
 ↓↓↓




















花咲 凛 イメージイラスト

(好みにそぐわなかった、又はイメージしてたのとなんか違う……となった方々に謝罪します。すみません……)

< 3/ 3 >