ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

腹黒王子のいいなり。

嫉妬と涙




梅雨が訪れ、湿気に苦しめられる6月中旬頃。


「夕美ちゃん!席前後だね、嬉しい!」
「そうだね」

「俺も春坂さんの隣で、ひなこちゃんとも近いしめちゃくちゃ嬉しい!!」


朝のホームルームが行われている教室は、いつも以上にうるさい。

理由はただひとつ、席替えが行われたからだ。


私は右から二列目の真ん中で、前がひなこ、隣が野村だった。

嬉しいはず……なのに、内心複雑だ。


「それにしても、雅だけ離れるなんてな」


理由はただひとつ、今野村が言ったように、雅だけ席が離れてしまったのだ。



「雅くん、よろしくね!」
「勉強とか教えてほしいな……」


さらに雅の周りには男子がおらず、前に私の席だった左から二列目の一番うしろが彼の席だった。


< 302/ 338 >