ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

腹黒王子のいいなり。

誰よりも一途な彼




「本当にもうすごくかっこよかったんだから!

人当たりもいいし、さわやかな笑顔でね、どこぞの王子さまだと思ったわ〜!」


「いやぁ、そんなに素敵な彼氏なら俺も見たかったなー」



週末の土曜日。

今日は菅原と猫カフェに行くため、休日だったけれど、いつもより早起きした私。


リビングに行けば、お母さんは洗い物をしていて、ソファに座るお父さんに菅原の話をしていた。


遠足の日の夜、菅原とお母さんの3人でご飯を食べた。

もちろん菅原はにこにこ笑っていて、気配りもできる優しい“王子さま”姿だったわけで。


お母さんは遠足の日から今日までの数日間、ずっと菅原の話ばかりしていた。


相当気に入ったらしい……って、当然か。
“王子さま”である菅原は、人気者なのだ。


< 258/ 338 >