ケータイ小説 野いちご

元カレ絵日記

元カレ絵日記
理想の兄

お兄様のマンションに着くと、お兄様は笑顔で私を迎えてくれた。彼女と別れたなんて言ってたけど、失恋した様子には全然見えない。

いや、というより、お兄様が失恋して落ち込んでいる様子を見たことがない。
(まあ、お兄様はイケメンでイケボでモテるから新しい彼女がすぐに出来るんだろうけどさ。)

「お兄様、今日ね、新しい作品描けたの!見て!」

お兄様との食事中、私はスマホで、先程描いたカミトとの共同作品の写真をお兄様に見せた。

「へぇー。僕、絵のことあんまり分かんないけど、前のより上手くなってると思う!」

「へへへ。ありがとう♪」

お兄様に褒められるとすごく嬉しいし、お兄様の焼いてくれたお肉は本当に美味しい。
「どうやったらこんなに美味しく焼けるの?」って聞いても、お兄様はいつも、「内緒♪」って言う。

私もいつかお兄様みたいに料理上手になりたいなぁ…

< 14/ 20 >