ケータイ小説 野いちご

不機嫌ですが、クールな部長に溺愛されています

◇密接オーバーナイト


初めて耀とふたりでお酒を酌み交わした夜は、いつになく酔いが回ってしまった。

私はアルコールは強いほうで、潰れることはほとんどなく、あの晩ももちろん泥酔したわけではない。ただ、それほど量を飲んでいないにもかかわらずふわふわとして、饒舌になっていたように思う。

なにをしゃべったかは覚えていないものの、耀が『酔ったなっちゃんは毒舌にキレが増してる』と言ってケラケラ笑っていたから、口の悪さは健在だったのだろう。

酔っても可愛くなれない自分には呆れるが、耀は終始楽しそうに私に付き合ってくれて、帰りもちゃんと部屋の前まで送り届けてくれた。

あのとき、踵を返した彼の背中を見て、無性に切なくなった。なぜ時折胸が痛むのか、その理由にはもう感づいている。

それなのに認めることをためらっているのは、報われるかどうかわからないという不安があるからに他ならない。


こんなにもどかしい気持ちになるのは久々で、気がつくとつい耀のことを考えてしまっているので、仕事中はとにかく集中するよう心がけている。

Akaruから届いたデザインのラフを確認している今は、その素敵さにうっとりしてしまい、また違う意味で集中しなければならないのだが。

< 67/ 124 >