ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

~消えない傷みと恋心~傷み編

日常
小澤家

AM5:32
「朝だぞ~!起きろーーッ!!」
うるさいなぁ。もう少しだけ..

「うぅんー...痛ッッ」
髪の毛を踏まれ、目が覚めた。

「ちょっと!誰?髪踏んだの!」

「うるせーッ、朝から叫ぶなこの化け物女!」

「はぁあ?ゴチャゴチャ言ってんなよこのチビヤロー!」
私の家はいつもこう。毎朝だ。

      
私の名前は小澤 聖佳(おざわ せいか)。
そして、このチビヤローこと小澤 竜(おざわ りゅう)は私の弟である。
竜とは毎朝のようにこうやって言い合いをする。
そして、それを止めるのは..

「こらッ!2人ともさっさと準備しな!」

「だって聖佳がうるせぇんだもん」

「はぁあ?竜の方がうるさいでしょ?!」

「両方ともうるさいです!いつまでも続けるなら身ぐるみ剥いでベランダに叩き出すよ!」

「あーぁ。竜が菜々を怒らせたー」

「おッ俺のせいじゃねぇーし!」

「分かったら準備する!聖佳はそれ終わったらチビちゃん達起こして準備手伝ってあげてねー」

小澤 菜々(おざわ なな)。私たちの姉である。

小澤家はいたって普通の家族だが、
その数を聞くと毎回驚かされるらしい。
めんどくさいので一気に紹介しよう。
上から小澤 宗人(むねと)男
      菜々(なな) 女 
      聖佳(せいか)女
      竜 (りゅう)男
      琴音(ことね)女
      太郎(たろう)男
      琉生(るい) 男
      桃里(とうり)男
      愛 (めぐみ)女
         以上9人兄弟である。
ここに一応母.瑞恵(みずえ)と父.誠二(せいじ)が存在している。
こんなに人数の多い家族はやはり珍しいのだろう。
驚くのも無理はないな。

ッとまぁ、家族紹介はこの辺にしてと。
そろそろ学校に行く時間だ。

「じゃあママー、行ってきまーす!」

「気を付けてねぇ~」

< 1/ 7 >