ケータイ小説 野いちご

暗黒王子と危ない夜【after】

甘やかな夜










テスト当日。

本多くんの席は空いていた。





「結局、あれから1回も来てないよね、本多くん」



付箋がたくさんついたノートに目を通しながら桃香がつぶやく。




───三成がせっかく間をとりもってくれると言ってくれたけれど
その日から今日まで、本多くんに会うことはなかった。


三成が連絡しても既読さえつかず、今どこにいるのか、何をしているのか分からないらしい。



やがて朝のホームルームが始まり、先生が出席をとり始める。本多くんの名前が呼ばれても、当然返事はない。



本当にこのまま進級できず、学校をやめてしまったら……。


教科書を開いても、考えるのは本多くんのこと。




1限目は生物。

2限目が日本史。

3限目が────、英語。



< 59/ 79 >