ケータイ小説 野いちご

抱き締めたら止まらない~上司の溺愛につきご注意下さい~

6.鬼上司の愛は止まらない

…朝、目覚めると、藍原のベッド、そして、藍原の腕枕の中だった。

私はハッとして、布団をめくる。

が、しっかり服は着ていたので、もちろんエッチはしていない。

ホッとしつつ、でもなんだか少しガッカリ。

いやでも、眠る前、夢見心地の私に、藍原は言った。

「まだ、明日香の気持ちが追い付いてないから、この先はもう少し待つことにする」

経験のない私を、気遣ってくれたことを思い出すと、自然と笑みがこぼれた。

「…何笑ってる?」
「…?!」

驚いて、声にならない声を発する。

藍原はクスッと笑って、私の頭を優しく撫でた。

「…おはよ」
「…おはようございます」

照れてしまい、紅潮する頬。

「もう、起きましょう」

私の提案に、首を降る藍原。

「今日は休みだからな。まだ、もう少しこのまま」


いや、だから、恥ずかしいんですよ。と、目で訴えてみるも。

「そんな顔しても離すわけないだろ?」

と、微笑まれてしまった。

えーい!こうなったら。

私は、藍原の胸に顔を埋めた。

ちょっと驚いた藍原だったが、直ぐに私を抱き締めた。

< 56/ 60 >