ケータイ小説 野いちご

いつまでも君だけを想い、巡り逢う

内容紹介
舞台紹介

郷の名前 天神郷(あまかみざと)
天神山(あまかみさん)という、複雑な形の山にある。
複数の忍びの村があり、それらを取りまとめるのが天崎村(あまさきむら)。
忍びの郷には必ず族長が居る。
天神郷の族長は雷馬 鋼三郎(らいま こうざぶろう)といい、養子が二人、実の子が二人居る。
忍びは、危険な任務が殆どの為殉職が多く、子作り推奨をしている。
基本、十五~十八辺りで結婚する事が多い。

< 1/ 2 >