ケータイ小説 野いちご

叶わぬ恋…それでもあなたを見ていたい

退屈なベッド
会いたくて…


そんなある日の朝……。







『おはようっ。』






結構な声の大きさで挨拶してきたのは、お久しぶりねの藤堂先生。





げっ!!忘れてた!





もうあれから一週間経つんだ…。
っていうことは梶田先生はもうおしまい???
うそー。もっと先生に来て欲しかった。藤堂先生が帰ってきたから、東病棟へ戻ってしまうの?これからも西病棟で私を診てくれないの?
寂しいよー!!!







『…………おーい!』







あ、






「おはようございます……。」






『なんだその顔は。そんなに俺に帰ってきて欲しくなかったか!?』





「…………、いえそんなことは。」






『なんだその間は!?』






藤堂先生、ごめん。やっぱり梶田先生の方が好き。






『それより、なんか大変なことになってたみたいだな?』






あ……、忘れてた。全部聞いてる……よね?







『この、ばかたれ!』






その後、こっぴどく叱られたのは言うまでもなく……。
そしてリハビリもしていないことに、ものすごく怒られた。
明日からは必ず始めるって。





あぁ、嫌だな。梶田先生に会いたいな……。





< 28/ 131 >