ケータイ小説 野いちご

聞いてほしいよ

ごめん...聞いて... 優斗side




俺は沙羅が走り出したあとを追った。

「くそっ!!」

どこに行った!?

20分は探している。なのに見つからない。

その時すれ違った女の人達が話しているのを耳にした。

「あの子大丈夫かなー?」

「あー、あの公園で泣いてた子ね」

もしかしてと思い俺はすぐに公園へと向かった。

そして

「沙羅ーーーー!」

夜中にも関わらず大声で叫んだ。

「え?ゆう.....と?」

公園の中から沙羅の声が聞こえてきた。

「沙羅!?」

俺はすぐ沙羅のもとへと走った。

「沙羅!ごめん!!」

俺は沙羅を強く抱きしめた。

「優斗...。」

「沙羅...ごめん。聞いて...。」


< 7/ 9 >