ケータイ小説 野いちご

雨月くんは私の心臓を爆発させたいらしい。

5. 噂、時々涙



─────
─────────


最近気がついたことがある。


それは



「 なんかこう…スっ、ギュン!!!みたいなの出来ないわけ? 」

「 普通の高校生にそんなの求めんな!なんだよその例え!俺はお前みたいにニュータイプじゃねぇ! 」

「 俺もニュータイプじゃないけど 」

「 うざ!!!! 」

「 いいからやって。 」




雨月くんは、バレーボールに関して、凄く、熱い。





< 100/ 113 >