ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

アティックシンデレラ

早凪くんのいとこ



「早凪〜〜?!早凪どこにいるの〜〜?!」


ん?!


「ちょっと、莉々ちゃんっ!」


「離して!私は毎年この日を楽しみにしているのよ!早凪!早凪どこ〜?」


へ?!


聞いたことのない女の子の声と、翼くんの慌てた声がドアの先から聞こえて、目を覚ます。


ここは、防災用倉庫。


私と早凪くん、そのままここで寝ちゃってたんだ。


私の後ろには、壁に身体を預けてスヤスヤ眠ってる早凪くんの姿。


あんまりにも綺麗な寝顔で思わず見惚れちゃう。


初めてこの学校に来た時に見た寝顔より、心なしか柔らかく見える。


倉庫の奥にある小さな窓からは、太陽の光が入ってて、昨日すごかった台風が嘘のよう。


って……そんなことよりも!


今、向こうから聞こえる女の子の声って?



< 213/ 322 >