ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

アティックシンデレラ

隠れた本心




「ゆるちゃん、本当に大丈夫?無理して会う必要ないよ?俺が生徒会長としてしっかり注意すればいいだけの話だし……」


瑛斗さんが心配そうに私の顔を除く。



「大丈夫です。ちゃんと私から話したいので」



早凪くんが、私の写真を撮った犯人を知っている、と言った日から1週間が経った放課後。



特別寮の3人とVIPルームに集まって、話し合う。


この1週間、自分の中で何度も考えて決めたこと。


どうして“あの子”が、私の秘密をあんな風にみんなにバラしたのか、ちゃんと本人の口から聞きたいから。


これから仲良くなれるって、本気で信じていたのに。



「じゃあ、行こうか」


私たちは、犯人を呼び出した生徒会室へと向かった。



< 166/ 322 >