ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

one Love 〜知らなかった恋する気持ち〜

都会の街と王子様



うわぁー……

す、すごい……。


どうやって建てたんだろう?ってほど高いビル。

足早に歩いていくたくさんの人。


「うわぁ……」


同じ日本なのに、まるで違う国にでも来ちゃった気分。

なんて……東京の街に大感動の私は、加山桃香(カヤマモモカ)。

十七歳、高校二年生。

生まれも育ちも東北、宮城県。

東京に来るのはこれが人生初……。


人、多いな……。

みんなあんなに急いでどこに行くんだろ?


どこまでも続く広い畑。

ニワトリがそこら辺に歩いているような村育ちの私にとっては、東京はまるで異国。

テレビや雑誌でしか見たことのない世界だった。


< 8/ 405 >