ケータイ小説 野いちご

嫁にするなら訳あり地味子に限る!

7.地味子ちゃんの風邪がうつった!

木曜日の午後からなぜか身体がだるくて、仕事に集中できない。幸い今日の午後は会議もないので、早退することにした。室長に断って午後の休暇届を出す。吉本君と地味子ちゃんに仕事の指示をして退社。

帰ったらすぐに寝たいので駅前のコンビニで弁当を買った。明日の朝食は冷蔵庫とストッカーに何かあるのでそれを食べれば良い。

家で熱を測ると38℃あった。手持ちの解熱鎮痛剤を飲んでベッドに横になるとすぐに眠ってしまった。

気が付くともうすっかり暗くなっていた。8時か。熱を測ると37℃。解熱薬で少し下がったようだ。買ってきた弁当を食べてまた眠る。

夜中に目が覚めて、体温を測ると39℃あった。解熱剤をまた飲んで、アイスノンを冷凍庫からとりだして頭を冷やしてまた眠った。明朝、まだ熱があったら休んで医者へ行こう。

習慣で目が覚めたら6時。体温を測ると39℃ある。身体がだるくて、節々が痛い。インフルエンザ? 地味子ちゃんからうつったかも。

9時前に会社に電話する。地味子ちゃんが電話に出たので、休暇届を出すことと今日の仕事の指示をした。

今日の金曜日には午後からプロジェクトの進捗会議を設定してあった。進捗会議は各担当がそれぞれの進捗状況を報告して情報を共有するための会議で、何かを決めることもないので気楽な会議だ。

司会はプロジェクトリーダーの室長が行う。説明はプロジェクトマネージャーの僕が行うことになっていた。

会議に使う資料はすでに地味子ちゃんが作って完成していた。室長のところへ資料を持って行って室長に内容を説明して指示を仰ぐように言っておいた。

9時になるのを待って、駅前の医院へ歩いていった。風邪の診断だった。薬をくれた。帰りにコンビニに寄って、おいしそうなケーキや飲み物を買った。家に着くと貰った薬を飲んでまた眠った。

気が付いたら3時だった。お腹が空いたので、買ってきたケーキを食べた。冷えたポカリがおいしい。ここのところ、仕事が忙しかったので、疲れが溜まっていたのかもしれない。また、眠った。

6時半ごろに携帯が鳴って目が覚めた。地味子ちゃんからだ。

「岸辺さん、調子どうですか」

「熱が下がらないので、1日寝ていた。医者へ行って薬を貰って飲んだからじきに良くなると思う」

「お見舞いに来ました。マンションの入り口にいます。ドアを開けて下さい」

「ええ…お見舞い、分かった、開けるから。部屋は3階の309号だ」

ドアのチャイムが鳴ったのでドアを開けると、地味子ちゃんがレジ袋を提げて立っていた。

「失礼します」と靴を脱いで上がってくる。リビングに荷物を置いて、キッチンを見て「休んでいてください。夕食に何か作ります」と料理を始めた。

「気になさらないでください。上司の様子を見に来ました。室長に許可を得ていますし、住所も教えてもらいました。私の風邪をうつしたみたいで申し訳ありません」

「横山さんも誰かにうつされたんだろう」

「吉本さんかもしれません。先々週、身体がだるいとか言って、1日休んでいましたから」

「我がチームは、はやり風邪で全滅か! ところで、進捗会議どうなった? 報告だけだから問題はなかったと思うけど」

「はい、岸辺さんに言われたとおり、室長のところへ資料を持って行って説明しました。そして岸辺さんに室長の指示を仰げと言われていますといったら、資料を作ったのは私だから説明役をしなさいと言われました」

「それでどうなった?」

「いつも岸辺さんがしているように説明しました」

「それで」

「滞りなく会議は終わりした。会議録をすぐに作って室長に提出してきました」

「室長はなんか言っていた?」

「岸辺君がいなくても大丈夫だな! といっておられました」

「それは言い過ぎだと思うけど、まあ、うまくいってよかった」

「消化の良いうどんにしました。食べてください。食欲はありますか?」

「お腹は空く。いただきます」

うどんはだしが効いていておいしい。味付けが良い。地味子ちゃんも食べている。

「おかわりある?」

「食欲があるから大丈夫みたいですね」

お腹が一杯になると元気が出てきた。地味子ちゃんのお陰だ。熱を測ると37℃。

地味子ちゃんは、後片付けをしてくれた。それから部屋を一回りしてから、ベッドのそばにある一人掛けのリクライニングソファーに腰かけた。

10畳くらいの生活スペースには、家具と言っても、他には大型テレビ、パソコン用の机と椅子、大きめの書棚、座卓しかない。それに少し大きめのセミダブルのベッド。これくらいの大きさがあるとベッドの上で1日過ごせる。

「この一人掛けのソファー座り心地が良いですね」

「外国製で値段も相当したけど、これに座ってテレビをみるといつのまにか眠ってしまう。椅子とベッドは休息に使うから納得のいくものにしている」

「やっぱりブランド好きですね。このお部屋も広くて良いですね、お家賃も高いでしょう」

「本社に異動になった時に独身寮から引っ越した。家賃を会社が1/3払ってくれると言うので少し高いけど良い物件を選んだ。広めの部屋だとゆったりできる」

「彼女が来ても良いように?」

「ううんーまあ、それもあるかな。でも残念ながら誰も来たことがない。横山さんがはじめてだ」

「女の人が独身男性の部屋に行くときは相当な覚悟をして行きますから」

「相当な覚悟ね!」

「私が来たのは業務の一環ですから、誤解しないでください。室長にも断ってきましたから」

「分かっているよ」

「確かに、女性の痕跡が全くありませんね。それに彼女がくるのに本棚にアダルトビデオなんか置いていませんよね!」

しまった! 本棚に10巻ほどビデオを並べているのを忘れていた。地味子ちゃんは目ざとい。しっかり、見られたみたい。困った。

「会社で女の子に言いふらすのだけはやめてくれ。健康な独身の男なら誰でも持っているよ」

「大丈夫です。言う訳ありません。だって、ここへ来たのは室長しか知りませんし、誤解されると困るので他言はしません。安心してください。でも私も興味があるので貸してください」

「もう、勘弁してくれ、熱が上がりそうだ」
「へへ・・・」


< 7/ 23 >