ケータイ小説 野いちご

分け合う体温

第4章 遊園地で

あれから私達は、理人のベッドで一夜を過ごす事が、多くなった。

私が起きるのは、いつもお母さんが起きてくる前。

そーっと、自分の部屋に戻って行く。


そんな生活が、2週間程続いた頃だった。

「由乃。どっか二人で出かけない?」

私は、胸が温かくなった。

「なんだか、デートみたい。」

すると理人は、笑いながら言った。

「デートだよ。」

理人が笑ってくれると、私も笑顔になった。


行先は、遊園地にした。

幼い頃、よく家族で行った遊園地。

中学になってからは、照れくさくて、行ってなかった。


「高校生、2枚。」

理人がチケットを買ってくれた。

「いくら?」

「いいよ。俺のおごり。」

そう言って理人は、私の手を繋いだ。

嬉しくて、理人の顔を見られなかった。

< 43/ 71 >