ケータイ小説 野いちご

分け合う体温

第3章 押し倒されて

2度目に体温を分け合ってから、私達は親に隠れて、抱き合うようになった。

主に、親が帰って来るまでの間。

一日も欠かさずに、抱き合っていた週もあった。


その瞬間は、理人のぬくもりが、私にも伝わってきて、とても幸せな感じがした。

「ああ、由乃……愛してる。」

「私も……」

その言葉だけを信じて、私は毎日のように、理人に抱かれた。


抱き合う時、理人はいつも目を瞑っている。

最初は、それが普通だと思っていたから、気にも留めなかったけれど、友達に言われて気づいた。

「それって、由乃以外の女を、思い浮かべてるんじゃないの?」

「えっ?」

頭の上に、何かが落ちたように、ガーンときた。

「でもさ、毎日Hしてるって事は、由乃の他に、好きな女なんて、いなさそうじゃない?」

< 26/ 71 >