ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

溺愛総長様のお気に召すまま。

人助けはほどほどに。



放課後。



「二宮さん。この教材、社会科室まで運ぶの手伝ってくれないかしら」



もたもたしていたら先生に捕まって、用事を頼まれてしまった。


先生もギャル化しはじめた子に声はかけにくいのか、今までの装いを保っている子に声を掛けることが多くなった。


このクラスでの少数派は、ほんの2、3人……。


ほかの子は部活をしているから、こういう場合真っ先にあたしに声がかかるんだ。



「はい、わかりました」



断る理由もなくて、あたしはそう返事した。

< 32/ 401 >