ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

溺愛総長様のお気に召すまま。

転入生は、超絶美少女。



あの倉庫に行って以来、あたしの中で煌くんに対する見方が確実に変わっていた。


ううん。正確にはもっと前からなのかもしれない。


呼び出された不良たちから、あたしを守ってくれたあの時から。


男の子に対して、嫌悪しかなかったあたしが、初めて「カッコいい」と思えた瞬間。


そして、あの暴走の夜に見た煌くんの凛とした姿。


周りから慕われる姿を見て、なんかこう……胸をぐっと掴まれるものがあったんだ。



煌くんはというと……。


相変わらずあたしの前ではあんな調子なんだけど。




──ある月曜日の学校。

今朝は、いつにも増して騒がしかった。



「ねえ、愛莉知ってる!?」



千春ちゃんも、いつもよりテンションが高い。


< 248/ 401 >