ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

溺愛総長様のお気に召すまま。

暴走の夜。



──それから数日後。



「今夜、走りがある」



お昼休みのあやめ。

いつものように最後の卵焼きを食べようとした時だった。


とっくに食べ終わっていた煌くんは、あたしの髪の毛をもてあそびながら、とんでもないことを口にした。



「走り……?」



それってもしかして……。



「愛莉も来いよ。暴走」


「えっ……」



箸でつまんだ卵焼きが、ぽろっと落ちる。



「あっ……」



それは咄嗟に伸ばした煌くんの手のひらでキャッチされ……、そのままあたしの口の中へ無事に収められた。


ポッと、熱くなる顔。


そんな顔でモグモグしているあたしはひょっとこ?ゆでダコ?



「なんて可愛い顔してんの」


「っ、」


< 222/ 401 >