ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

溺愛総長様のお気に召すまま。

きみは俺のモノ。



翌日。

あたしはドキドキしながら登校した。


昨日はあれから煌さんが本気で寝ちゃうから、そーっとあの部屋を出てきたんだ。


だって、あたしすることないんだもん。


あのソファは陽が当たってあたたかく、うっかりするとあたしまで寝そうで危なかった。


膝に男の子を乗せた状態で、そんな風になる自分にびっくり。


動いた瞬間また腕でも捕まれるかと思ったけど、本気で寝ていたのか、そのままソファに体を沈めてすやすやと眠り続けてた。


でも、あとあと考えたらものすごく恐ろしくて、生きた心地がしない。


どうして帰ったんだ!って今日襲撃してくるかもしれないし。



「おっす!」



声を掛けられてビクンッと肩が跳ねた。


< 113/ 401 >