ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

溺愛総長様のお気に召すまま。

男の子が苦手です。



あたし、二宮愛莉(ニノミヤ アイリ)は、今すっごいピンチに陥っている。



時は、2時間目。

場所は、保健室のベッドの上。


今日は朝からずっと頭痛がおさまらなくて。

1時間目が終わって、保健室で休んでいたら。



「……んっ……」



おでこに違和感を覚えて、夢の中から目覚めた。



< 1/ 401 >