ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

檸檬の黄昏


秘密


茄緒がメールチェックをしていると。

取材の申し込みがある。
差出人には地方新聞社の社名、担当者名に石田とあった。


「ああ。この前、招待された講演会で会った記者さんだ。本当に連絡くれたんだ」


メールを読んだ敬司が感心したように顎をなでる。


「あの時間は講演会の先生への取材の時間だったのに、喫煙所に来たんだ。訳ありっぽいな」
「この前、招待された講演会ですね」
「綺麗な弁護士の先生だったよ。パンフレットある」


敬司はデスクの引き出しから、それを取り出した。


「これだ、禿雅史弁護士講演会。来月、こっちでもやるんだよな。招待が来てるんだ」


名前までは知らなかった茄緒の心臓が、音をたてる。
顔をあげ敬司を見る。


「女のお客さんが多かったな。テレビにも出てるとかで、有名人みたいだ」


敬司が茄緒に顔を向けた。


「でもうちの有名人といえば、やっぱり茄緒ちゃんだぜ。道の駅の記事に茄緒ちゃん出てるんだろう?」
「有名人だなんて……そんなことは」
「まったくだ」


ないです、茄緒が云いかけたところで耕平が吐き捨てる。


「仕事に支障がでる。断れ」


と耕平は云った。


「やっぱりねえ、気難しいな、うちの社長は」


予想通りの反応に、敬司が楽しそうに口を開いた。


「なんだ?」
「そう云うと思って、返事は保留しておいた。まあ、こっちにも都合はあるからな。メディアを利用しない手はない」


耕平が最後の言葉に反応する。
パソコン作業をやめ、椅子にもたれた。


「ああ……。人事か」
「ご名答。さすか相棒、感がいい」
「?」

話を理解出来ていない茄緒に敬司は口を開いた。

会社を大きくしようとしていること。
人を新たに雇おうとしていること。
今回のメディア取材は、人材を集める宣伝に利用しようとしていること。

などを話した。
そして。


「わたしを正社員に?」


敬司は頷き、茄緒は目を丸くする。
茄緒を雇う条件、給与、待遇も全て話す。
茄緒は専務として雇いたい、と敬司が云った。


「悪い話じゃないと思うんだけど、どうだろう?」
「せ、専務?」


茄緒は聞き返した。


「茄緒ちゃんは才能ある。お世辞じゃない。おれは意外と仕事は淡白だ。食べ物は何でも好きだが」


敬司は云った。


「どうだい?」
「……ごめんなさい。わたし無理です」


茄緒は目を反らす。
早い返事に、敬司は茄緒を見る。



「なぜ?」
「家の契約が一年、ということもあります。今、新しい家と仕事を探してまして」
「だから掛け持ちアルバイトだったのかい」
「はい。嬉しいお話、ありがとうございます」



茄緒は申し訳なさそうに頭を下げる。



「ここは単なる時間稼ぎというわけか」



黙って聞いていた耕平が口を開いた。

耕平は茄緒の履歴書を見ている。
次々と職業を変えていることを指摘しているのだ。

茄緒は何も云えなかった。



「いい加減にしろ」



無言のまま、茄緒は下を向いた。



「おれを見ろ、茄緒。下を向くな」



敬司はそれ以上、口を挟まず耕平もそのままだ。
時間が流れ茄緒がゆっくりと顔を上げ、耕平を見る。

耕平は頬杖をついたまま、真っ直ぐに茄緒を見つめていた。

耕平が怒っている。

茄緒の胸が鳴った。

耕平が口を開く。


「家が一年契約だから、なんだ?そんなもの理由になるか。おれも会社も同じだ」


耕平さんには関係ない

茄緒は云いたかったが、言葉が出て来なかった。



「……」
「おれと敬司は信用できないのか?」



茄緒は首を横に振る。



「仕事が飽きたのか?まあ、つまらん会社かもな」
「そんなわけ、ありません」



茄緒は手を握りしめた。



「わたしだって、本当は」


茄緒は振り絞るように口を開く。



「ずっと、ここにいられたら、って。本当は」
「いればいい」



耕平が即答する。



「いいか。おれと敬司と、あんた。三人で会社を大きくする。今のここの状況はわかるだろう?茄緒、あんたが絶対に必要だ」



耕平が感情を出すことはあまりない。
しかし、この時の耕平は剥き出しにしていた。



「海外に支店も作る。それが目標だ。副業でも何でもやればいい。ただし、ここは辞めさせない」



敬司が耕平の肩を掴んだ。


「耕平、もうやめろ。それはハラスメントだ。茄緒ちゃんだって悩んでいたんだ。今日はもうお開きにしよう」


敬司が茄緒の方を見る。


「茄緒ちゃん、ごめん。おれが勝手に会社を大きくしたいと浮かれてたんだ。この週末、良ければ考えておいてほしい」


もちろん、もっと時間をかけて構わないから、と続けた。


「……はい」


茄緒は頷いた。

時間は夜8時を回っている。
石田への取材日についての返信をすると、茄緒はそこで業務を終え、礼をして事務所から帰って行った。


< 58/ 88 >