ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

檸檬の黄昏


禿雅史








天才なんかあるものか。
僕は他人がコーヒーを飲んでいる時間に
仕事をしただけだ。
──────魯迅






< 21/ 88 >