ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

冷たい彼の溺愛は、2人きりのときに。

本当の気持ち




「なぁ、田城」
「何?」



それから一週間ほど経ったある日の朝。



私と楠木は一緒の電車に乗っていて、話しかけられた。



実はあれから私の気持ちをちゃんと伝えたら、楠木は自分のことのように嬉しそうに笑ってくれて。



頑張ろうって励ましてくれた。



「今日…また、小学校でバスケあるんだけどさ、お前にどうしても会ってほしい奴がいるんだ」



小学校でバスケ。



それはこの間私が泣いて、逃げ出してしまった日のことを思い出す。



「会ってほしい人?」
「ああ、お前と話してほしい奴」



その時、ふと思い出した。
楠木が先生と話していた“悠真”という名前の子を。



「……悠真?」
「……は?」



「いやっ、ごめんなんでもない…」



自然とその名前を口にしていて、楠木に驚かれたから慌ててなかったことにする。


< 276/ 337 >