ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

冷たい彼の溺愛は、2人きりのときに。

冷たい彼と彼が嫌いな私





しつこい湿気に苦しめられた梅雨が終わった。



そうなれば本格的な夏が始まる。



朝から蝉の鳴き声が夏の到来を強く感じさせた。



私、田城 恵美(たしろ めぐみ)は普通の冴えない女子高生、だと思う。



彼氏は中学の時に一人いたけど、できれば思い出したくない。



それ以来、恋なんてする気にもなれなくて今日まで過ごしてきた。



そしたら気づけばもう一年以上経っていて、今は高校一年の夏頃だ。



時の流れは本当に早い。



「………最悪」



電車通学の私は学校の最寄りで降りると、違う車両から圧倒的な存在感を放つ男が一人降りてきた。



周りの人たちのほとんどが彼に視線を向ける。



そんなことに気にもくれず、彼は改札へと足を進めていた。



< 2/ 337 >