ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

小悪魔彼女×溺愛彼氏

~SWEET♡3~
邪魔ね

あのバスケデートから数日。
バスケ部に
二連休が舞い降りました!!


ってなわけで


「「う~~み~~~!!」」


私達は海でダブルデート。


メンバーはもちろん
私と斗真と莉子と颯人君。
2人はまだ付き合ってないけど、
すっごくいい感じ。
もう知らない人が見ればカップルみたい。


2人は共通点が多いらしくて
話が弾むそうな。
一緒にいて楽みたい。


海に着くなり
テントを張ってもらって
浮き輪の空気入れは男子2人に任せて
私達は日焼け対策。
これでもかってくらい
べたべたと日焼け止めを塗って行く。
背中は交代で塗り塗り。


「この前のデートどうだったの~?」


日焼け止めを塗ってもらいながら
興味津々で莉子とガールズトーク。
細かい話は聞いてないからね。


「ん~、どうって普通だよ。」


「普通ってことないでしょ!
何したの?」


「適当に買い物してたら
元彼元カノカップルと遭遇した。」



< 88/ 306 >