ケータイ小説 野いちご

私と彼の攻防記録




─────恋愛はしない。

そうあの日誓った。



「別れよう。仕事だけやってけばいいだろ。」

「俺と仕事どっちが大切なんだよ??」


仕事一筋の私は、自分で言うのは何だけど、エリートと呼ばれる類には入っていたと思う。常に残業は当たり前、休日もろくに休みはなく、彼氏とすれ違いが多かった。


彼氏と上手くコミュニケーションをとれていないことはわかっていた。

けれど、現状を解決する術はなく、どうすればいいかもわからなかった。

家に帰ると、散らばったビールやカップ麺。彼氏は既に寝ている。

悲しい現状に、涙が出てくるけど、それを招いたのは自分だ。


そして、

「別れよう。」

私の頬を、得体の知れない何かが流れた。




仕事が定時に終わらないっていうこともだけど、彼氏に対して上手く言葉をかけてあげられない自分が悪い。

自分の要領の悪さが憎い。

同じ結末をみたくないという自分の我儘。


だから私は誓った。

もう恋愛はしない。


だけど、その決心を揺るがす日が来るなんて、思いもよらなかった。

< 1/ 11 >