ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ここからまた一緒に見つけにいこう

私の声

「ねぇ…。君はいつになったら目を覚ましてくれるの?」

ジリリリリッ!ジリリリリッ!

目覚ましの鳴る音で目を開けた私は、ゆっくりと体を起こ

す。

「今日もあの夢か…。」

私は大きく背伸びをし、制服に着替えた。

時刻は6時半、いつもと変わらず私はリビングに向かう。

「おはよう!凛!テーブルにご飯あるからね!」

お母さんの明るい声が、食卓を和ませる。

「おはよう!お母さん!いただきます!」

私は、大きな口で食パンにかぶりつく。

そして、食べ終わると私はカバンを持って玄関に向かった。

「お母さん、今日も夕方遅くなるから!」

「分かったわ!気を付けて行ってくるのよ!」

「はーい!!」

私は元気よく返事をして、家を後にした。

静かな道を歩きだす私は、いつも君のことを思う。

「眠ってもう3年たつのかぁ…。一体いつ目を覚ますのかしら…。」

お母さんがそう呟いてる頃、私も同じことを呟いてたなんて

思いもしなかった。


< 1/ 13 >