ケータイ小説 野いちご

恋愛相手はアスリート。。。

5月スキャンダル



★★★5月スキャンダル★★★


ーーーブルーメッツ木山
熱愛発覚ーーー


お昼過ぎ コンビニで見つけた
スポーツ紙の一面に掲載された記事。



相手はフリーアナウンサーの
浅岡沙也加。


浅岡アナは日頃から
「木山選手のファンです!」と
公表している。


女子にも人気のアナウンサーで
オシャレで容姿もいいし
言うことないくらい揃ってる。


夜に密会
その証拠写真が掲載された。


たしかに写真は勇さんと浅岡アナ
見えにくいが手を繋いでいるようだ。


「嘘でしょ。。。」


すぐに確認の電話を入れようとした私
「勇さん!ねっ!どー」
どー言うこと!!!と攻めたいが
グッと言葉を飲み込む。


今までの私と同じ繰り返ししてはダメ
何か訳があるかもしれない
まずは話を聞こう。


今日は昼間に試合があるから
終わったのを見計らって
電話をかけてみた。


いつもなら
「お疲れ様!」から始まるが
「新聞を見たんだけど・・・」
と疲れを労う言葉もなく言った。


「あっ。。。もう?」


「本当?」


「本当じゃないのはわかるだろ」
少しめんどくさそうに言い放つ。


「え?偽装写真ってこと?」


「写真は本当」


「え・・・・・」


一緒に居たのは事実らしい。


本当じゃないって言うのは
記事の中身らしい。


「美結が居るのに
他の女と付き合う訳ないし!」
と。。。


遠征先で飲み会が設定されていて
そこには浅岡アナの他
2人のアナウンサーも来ていて
飲んだだけだと言うのだ。


「あの写真は?」


駅まで送って浅岡アナが
足を躓いたから
手を差し出して転ぶのを阻止した
その瞬間の写真らしい。


「2人でいたって事?」


「まーそーだけど
やましい事はないから」


浅岡アナと2人。。。
2人で。。。
夜中の街を。。。


やましい事はないと言われても
気分は面白くない
しかもスポーツ紙に載るなんて。



< 98/ 176 >