ケータイ小説 野いちご

恋愛相手はアスリート。。。

2月キャンプ



★★★2月キャンプとバレンタイン★★★


「美結ロスなんだけど」


沖縄キャンプに出かけて3日目
勇さんからの電話。


2週間も会えないなんて
付き合い始めてこれが初のこと。


仕方ない このキャンプの出来次第で
今シーズンが左右されるから。


結果を出さないと
二軍生活になってしまうから
みんなライバルだと思って
頑張る時期だから。


なんて 何も知らなかった私が
分かったようなことを言ってるが
最近は色々プロ野球について
勉強して知識は身についてきている。


「2週間なんて
あっ!という間に経つよ
それより怪我しないでね」


「あ〜あ」
大きなため息の勇さん。


「そんなため息つかないで
あたし テレビでキャンプ情報見て
あー頑張ってるなって
いつも応援してるから」


「美結はテレビ通じて
オレの姿見れるかも知れないけど
オレは美結のこと見れないから」


「ふふっ」
その言い方が可愛くて
思わず笑ってしまった。


「おい!笑うな
冗談だよ冗談
そう言うと美結が喜ぶかな?ってさ」


照れ隠しなのか冗談だと
言い放った。


そして突然
あっ!!!いい事考えた!
と言いだし何かと尋ねると
「内緒」だって。。。


わけわかんない勇さんだけど
毎日の電話が楽しい。


私がホテルのバイトの時は
深夜でも電話を掛けてくる。


「ゆっくり休んで」と言っても
声を聞きたいからと起きてくれている。


愛されているのがすごく嬉しい
私もそうだけど。




< 67/ 176 >