ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一途な彼の過剰な愛情表現

同棲生活スタート





スマホのアラームの音が鳴る。
それは朝、起きる合図だった。



だけどほとんど眠れなかったのが実際のところ。



理由はただ一つ。
昨日のことについてだ。



あの後、少しして上条くんと私は一階に降りて、親を踏まえていくつか話をした。



そして上条くんと社長さんは帰り、また明日迎えにいくと言われたのだ。



やっぱり同棲の話は嘘じゃないみたいで。
信じるしかなかった。




< 49/ 370 >