ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一途な彼の過剰な愛情表現

二度目のプロポーズ





いつも通りの朝。



同じ電車に乗っている私は、いつも来る時間が同じ。



数人しか来ていない教室の端にある席に、今日も座っていた。



ぼうっとしているように見えて、実は今、心臓がバクバク鳴っていてうるさい。



冷や汗もかいているし、手先も震えていた。



それもそのはず、昨日私はとんでもないことをしてしまったのだ。




< 4/ 370 >