ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一途な彼の過剰な愛情表現

彼と私の昔のこと





「あ、あの…蓮くん…!」
「どうしたの?」



「本当に私は行かない方がいいって言うか…その、マナーとか本当に全然知らないし…!」



暑い日々が続く夏休みに入ったある日のこと。



今、私たちは部屋にいる。
そして私は蓮くんを説得している最中だった。



「大丈夫、菜穂の存在があればなんでも許されるから。そもそも菜穂は礼儀なってるし、安心して?」



そんなこと言われても、安心できるはずがない。



「無理だよ…本当に…パーティだなんて、蓮くんの顔に泥塗っちゃう…」




そう。



実は今日の夜に、蓮くんのお父さんである社長さんが主催するパーティがあるのだ。





< 229/ 370 >