ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

隣人はクールな同期でした

第3章:再会とは酷なモノです。
別れた人です。


――― AM 7:30


ジリリリ~~・・・・


ベッドサイドにある目覚まし時計が
サイレンの如く鳴り響いているけれど…


「んー…うるさい…」


布団からモゾモゾと腕だけ伸ばし
バシッと勢いよく床に叩き叩きつけたところで。


「…無理」


誰に言ったワケじゃない。
目覚まし時計に対して
今の気持ちを伝えただけ。

まぁそんな言葉に応えてくれるワケでもなく
再び布団に潜り込んでから時間は刻一刻と過ぎ
床に転がる目覚まし時計が8時を示した頃


「んー…
あれ…?ない…」


再び腕を伸ばして時計を探すも
自分で落としたのだからあるワケがない。

仕方なく枕元に置いてあるスマホを
眠気眼に電源を入れてみた。


「マジ!?
完全に遅刻ッッ」


いきなり目も脳も身体すべてが現実に引き戻され
跳び起きた事は言うまでもない。
やっと目が覚めた時には、時すでに遅く
8時半までの出勤が目前に迫ってきている現実だけが
無常に近付いてくる。


「このままだとまた顛末書ッ」


朝食も摂らず
洗顔と歯磨きと着替えを済ませ
素早く家を飛び出し会社へ。





< 30/ 339 >