ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

隣人はクールな同期でした

第2章:交差が始まるのです。


1日の終わりは
ビールが美味い。

コレは一般的な意見であり
サラリーマンのセリフでもよく耳にするであろう。

そう。
適度なアルコールは疲れを癒し
明日からの活力になるというモノ。


「2章目1ページで
 ビールについて小論文風に語ったなー」


何言ってんだ、アタシは。


時刻は19時半。
片手にスーパーの袋をぶら下げて
そんな呑気な事を考えながらマンションに向かう。

エレベーターに乗り込み5階へと到着すると
いつものように鞄から家の鍵を探しながら部屋を目指した。


すると―――


「こんばんは、七星さん」


ふと後ろから聞き覚えのある声が…
まさかとは思うが…

なんとなくイヤな予感が頭を過りながら
ゆっくーりと振り返ると…


出た、猫系女子ッ


「ど、どうも…」


【早乙女 ヒナコ】-Hinako Saotome-(23歳)
・小柄で華奢
・腰まであるフワフワなロングパーマ
・目はパッチリ二重
・いつもフワッとした笑顔
・常にスカート

女子力が揃いも揃った
完全“モテる女子”という感じだろうか。



< 11/ 339 >