ケータイ小説 野いちご



中学1年生

今、私が好きな人は、あのときまだ好きじゃなかった。

でも、意識し出したのは、中学3年の時。

それは、一件のメールだった。



< 1/ 10 >