ケータイ小説 野いちご

ツンデレの高山さんがなかなかデレてくれません!5

神坂による外部経済

「高山さん、外部経済って何?」



俺は、社会科のテキストを開いて尋ねた。



高山さんは経済学部志望だ。



知っているに違いない。



「ある経済主体の行動が、その対価を受けとることなく、他の経済主体に便益や利益を与えること(大辞林 第三版)と定義されている」



「うん…ごめん、日本語でお願い」



「何語に聞こえたのかは知らないが…まあ神坂の頭はシュークリームだからな、理解できないのも無理はないな」



自分の頭がシュークリームなら、とっくの昔に食べちゃってるよ!



高山さんは肩をすくめる。



「仕方がないから例を挙げて説明してやる。

果樹園と養蜂場が近所にあると考えてみろ。

果樹園の蜜を蜂が採集し、巣に戻る。

蜂はより多くの蜜を集めることができ、果樹の受粉を助けることにもなるだろ?

つまり、誰が得をするんだ?」



蜂がより多くの蜜を集める…はちみつが増える…!



「プーさ●!」



「あんたの思考回路はもう少しマシな繋がり方をしないのか?」

< 2/ 9 >