ケータイ小説 野いちご

手紙の向こうの彼。

手紙の向こうの彼。


ある日、わたしの元に一通の手紙が届いた。



差出人は……何も、書いてない。



失礼かと思ったけど、中身を確認させてもらった。



すると、心当たりのない文章が、目に飛び込んできた。



住所の書き間違いかな?



それにしても、綺麗な字……


< 1/ 39 >