ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

王子様は甘いのがお好き

7・抱きしめたいから

腕時計に視線を向けると、5時を少し過ぎたところだった。

今日は3時からコスメ専門メーカー『レンブラント』の社長との打ちあわせがあったのだ。

「話が思った以上にまとまってよかったですね」

ホッとした様子で声をかけてきた社長に、
「ホント、よかったですね」

私はふうっと息を吐いた。

「それよりも、『レンブラント』の宇奈月社長って関西の出身なんですか?

関西弁で話をしていましたね」

私は言った。

「ああ、そうだよ。

H県の出身なんだって」

そう返事をした社長に、
「そうなんですか」

私は言った。

「彼のおじさんが『レンブラント』の会長なんだ。

だけど、会長には子供がいないから妹の子供の彼が会社を継いだんだってさ」

「…な、なるほど」

なかなかの事情に、私は何を答えれば正しいのかわからなかった。

< 81/ 120 >