ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

王子様は甘いのがお好き

6・キミ、メグル、ボク

社長と両思いになった。

「――ッ、社長…」

「ダーメ、まだ足りない」

社長はそう言って唇を重ねてきた。

両思いになる前から思っていたけれど、彼は本当にキスが好きみたいだ。

「――ッ…」

唇を離すと、今度は髪の毛に顔を埋めた。

「キレイだ」

社長は呟いた。

髪の毛フェチは相変わらずである。

まあ、なれたから別にいいんだけど。

髪の毛に顔を埋めている社長の髪に手を伸ばした。

初めて触れた彼の髪はサラサラとしていて、とても指通りがよかった。

「んっ、どうかした?」

私が髪の毛をさわっていることに気づいた社長が声をかけてきた。

「何か私も社長の髪にさわりたくなっちゃって…」

私は言った。

< 73/ 120 >