ケータイ小説 野いちご

世界で一番似ている赤色

世界はきみと、きみ以外。
4








「ただいま」



家に帰ると、お母さんはいなかった。


今日は残業ということになっているらしい。


豊さんも出張中で帰ってくるのは週末だ。



リビングでは、澄花ちゃんが1人、ご飯を食べていた。


わたしの顔を見るなり、気まずそうに食のスピードを速めた。



「ごちそうさま。宿題やらなきゃ!」


「待って」



逃げようとした彼女を止め、食卓に座らせた。


正面にわたしも座る。



「澄花ちゃんは、川瀬くんが好きなの?」



直球で聞いた。澄花ちゃんの瞳が揺らいだ。



「ごめんなさい……お母さんに勧められて家庭教師やってもらう予定だったから、連絡先交換してて……」


「そっか。おどされたわけじゃないんだね。姉の秘密ばらせ! って」



小さな子どもに語りかけるような口調で、優しく言葉を投げかける。


川瀬くんを上手く処理できなかったわたしが悪い。


だから、澄花ちゃんを責めるつもりはない。



空気を呼んだのか、彼女はポツリと言葉をこぼしてくれた。



「呼び出されて、写真のこの人知ってる? って聞かれた」


「で、答えたんだ」


「ごめんなさい……だって、川瀬さんの頼みだから断れなくて……だって好きだから」



うるうると瞳を震わせてから、下を向く澄花ちゃん。



今まで全く男の子の気配はなかった。


きっと初恋なんだろうな。



「頑張って! 川瀬くんいい人だから。わたし、お姉ちゃんとして応援してるよ」



澄花ちゃんに思いっきり笑顔を向けた。


あんな男子好きになって、本当どうしようもない子、と思いながら。



< 178/ 196 >