ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界で一番似ている赤色

影は見るな、空を見上げろ。
2





「綾ちゃん!」



体育の授業にて。クラスメイトからパスが回された。



しかし――



「うわっ!」



慣れない、大きなバスケットボール。


それは、勢いよくわたしの手のひらではじけ、床へと転がった。



すかさず相手チームの人に拾われ、逆側へのゴールを決められてしまう。



「ごめん! ごめんね……」



せっかくパスをくれたのに、応えることができなかった。


謝ることしかできなくて、悲しかった。



「はぁ……」



自分のチームの試合が終わり、1人体育館の隅に向かった。


壁に背中をつけて、バスケ風景を眺める。


体育館は2つに区切られ、奥では男子たちが試合中。


大和くんがシュートを決めると、女子たちからキャーキャーと高い声があがった。


彼はサッカー部なのにバスケも得意らしい。


でも、大和くんはじめ上手い人は結構いるけれど、きっと優にぃにはかなわない。


なんてことを思っていると、集合の笛が鳴らされた。



列を作る女子たちへ近づいた時だった。



「危ない!」



誰かの大声が聞こえ、はっと後ろを振り返った。


と同時に、肩に激しい衝撃が走った。


< 17/ 196 >