ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

サイレン

あとがき



短いお話でしたが、最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました!
たぶん私が今まで書いた作品の中で、一番短いお話ですね。

前作を書き終えてから、フラッと思いつき、短いから一気に書いてしまおうと思ってサラサラ書いてしまった感じなのですが。お楽しみいただけましたでしょうか?


土木関係のお仕事で現場で働く人って、私の中でまさに上原のような人なんですよね。イメージをすべて注ぎました。

例によって普通の男女による普通の恋愛でしたが、こんな風に一日で恋に落ちるのもありかなと。
色々な愛の形を、これからも私なりに表現できたらいいなぁと思っています。



それでは、またどこかで。
ありがとうございました。


柴本 奏

< 22/ 22 >