ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

once again

これも業務命令ですか?

「業務命令、拒否権なし」

はっきりと言われてしまった、私。
どうしようもない。

所謂ダブルブッキングってやつですか。
瑠璃と私じゃ、違い過ぎる…

ほんと、ヤバイって!!!

午後からの仕事が手につかなくなるほどの衝撃だった。

瑠璃の事も、専務の命令も断れない。
どうすればいいんだろうか、時間をずらす事が出来れば、どうにかなるのか…

仕事が終わってから、エレベーターホールで天城さんに電話した。

天城さんが言うには、乾杯の時にいたらいいと言われ、その時間の後に専務と合流させてもらおうと、画策してみた。

こればっかりはどうにもならない。


電話が終わってからエレベーターに乗り込んだ。

ため息をついて、天井を見上げだ。

エレベーターが19階で止まった。


「大きなため息が、ドア越しまで聞こえましたよ?」

「氷室室長…」

ドアが開き、その前に氷室室長がにこやかに立っていた。



< 49/ 223 >