ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

once again

見つけないで

いつもの朝がやってきた。

私は、高瀬涼香23歳、如月商事に勤めるOL。
至って普通に生きてきた、つもり。

「おはようございます」

「あ、おはよー。そうそう高瀬さん、今日夜空いてる?」

同じ総務部勤務の篠田玲子が、朝から笑顔で話かけてきた。

なに、また合コン?

「…なんですか?」

「メンバー足りないんだ!お願いっ!」

自分が可愛いと思っている玲子が、これをしたら男が喜ぶであろう、と可愛いポーズで頼んできた。

「…ち、ちょっと、玲子!誰に声かけてんのよ!高瀬さんみたいな地味な子に、声かけてどうすんのよ!」

「しっ、声大きいって。地味だから声かけてんじゃん。あの子がいれば私達がより引き立つでしょ?」

「あ、そっかぁ。玲子えらいじゃん」

あのー全部聞こえてるんですけど?

ま、行かないけど。

「ごめんなさい、用事あるの。またね」

「そうなんだ、じゃ仕方ないね。またね」

そう言いながら、玲子はまた地味な子に声をかけていた。

誰が行くか。

って言うか、目立つ場所に行く気ないし。

さ、今日も仕事頑張ろうっと。



< 3/ 223 >