ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

once again

不覚

目が覚めると見知らぬ天井が目に入った。

ここはどこ?

「っ…頭いたっ…」

昨日飲みすぎたのかな、頭がガンガンする。それに…体の違和感を感じた。

服着てないし…

「え?な、なん、っ…」

自分の出した声で頭が痛くなる。
落ち着け、私。

昨日何してた?

どうして、ここにいるの?

確か、パーティー会場であるホテルに来て、…お酒飲んだまでは覚えてる。

そこで確か…あ、そうだ。あの時…

その時だった。

シャーッ…

浴室からシャワーの音が聞こえた。
誰かいたの?
え?ええ?

今の今まで、誰かが寝ていたであろう場所に手を当てて、温もりを確認してしまった。

今まで一緒に寝てたんだ。

彼と…




< 1/ 223 >